上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨匠サー・チャールズ・マッケラスが、7月14日、癌のためロンドンで死去しました。享年84歳。
戦後まもなくチェコに留学しヴァーツラフ・ターリヒに学んだマッケラスは、チェコ音楽の世界的権威として知られ、英国ドヴォジャーク協会の会長も務めていました。ヤナーチェクはとりわけ評価が高く、特に80年代に名歌手を集めウィーン・フィルとともに録音したオペラ録音は、ヤナーチェク演奏史における金字塔といっても良いでしょう。
謹んで、ご冥福をお祈りいたします。
関連記事
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトサー・チャールズ・マッケラス逝去

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。