上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7年前に来日し好評を博したチェコ人オルガニスト、パヴェル・コホウト氏が再来日し、以下のとおり札幌で演奏いたします。



●札幌中央教会・オルガンコンサート
日時:2010年11月6日 (土) 13時30分開演
場所:札幌中央教会
 札幌市中央区南23条西9丁目3-17
 http://www.uccj-sapporo-chuo.jp/

プログラム:
 バッハ:おお罪なき神の子羊よ BWV654
 ベートーヴェン:フレーテンウーアのための5つの小品
 ハイドン:からくり時計のための音楽(抜粋)
 ヴォジーシェク:ロンドト長調 他

チケット:1000円(高校生以下は無料)


●北海道大学総合博物館・チェンバロ演奏と講演会
2010年11月9日 (火) 15時開演


●北海道大学クラーク会館演奏会
2010年11月10日 (水) 18時30分開演
北海道大学クラーク会館

パヴェル・コホウト(Pavel Kohout)のプロフィール 
 1976年生まれ。プラハ音楽アカデミーを修了後、1999年~2000年にかけて、オランダのアムステルダム・コンセルヴァトワールにて、ジャック・ファン・オールトメルセン教授のもとでオルガン音楽の歴史的奏法を学ぶ。
 1998年リュブリャナ(スロヴェニア)国際オルガンコンクールにて大賞、およびEUにより若手音楽家に贈られる「踊る天使」賞を獲得。1999年国際M.K.チュリュリョーニス(ヴィリニュス・リトアニア)オルガンコンクールにて第一位、およびチュリュリョーニス賞。また、2000年には第4回武蔵野市国際オルガンコンクールにて、第一位、およびJ.S.バッハの最優秀演奏者に贈られる吉田実記念賞を獲得。
 コホウト氏の公式ウェブサイトはこちら。

問い合わせ先:福田宏 hfukuda@slav.hokudai.ac.jp

各演奏会の詳細はこちらのページを御覧ください。

kohout2010
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。