上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアニストの志村泉さんが、チェコ作品を特集したピアノリサイタルを開催いたします。

**********

志村泉 ピアノ・リサイタル「チェコの春」
5月14日(土)17時半
武蔵野スイングホール(180席)
全自由席:3500円(当日券無し)
問合せ, 申込:内山0422- 54- 6902,
宮崎090- 2649- 4803(武蔵野の春、実行委員会)

プログラム:
コジェルフ (1747~1818):アレグロ
フィビヒ (1850~1900):「気分、印象と思い出」より10曲
               no.8, 14, 17, 19, 54, 94, 123, 139, 158, 283
シュルホフ (1894~1942):組曲第3番(左手のため):
プレリュード~アリア~ジプシー女~即興~フィナーレ
J.シュトラウスⅡ(1825~99):「美しく青きドナウ」(ピアノ版)
J.A.ベンダ (1722~95):ソナタ第5番 ト短調
スーク (1874~1935):組曲「春」春~そよ風~待ちこがれて~無題~憧れ


志村泉
http://izumi-shimura.com
東京芸術大学、大学院卒。最近ではヴァイオリニスト、パズデラ氏との共演、およびウルマン、クラインら、テレジーンの作曲家の紹介に専念し、さらにスメタナ以前のチェコ古典派にまで、レパートリーを伸ばしている。
関連記事
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト志村泉 ピアノ・リサイタル「チェコの春」

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。