上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショスタコーヴィッチの作品等をソロ・ダンス・ワークとして上演してきたパフォーマーの小澤恵美子氏が、ヤナーチェクの『グラゴル・ミサ』に挑戦します。

******
 
■小澤恵美子 SOLO-DANCE WORK
  レオシュ・ヤナーチェク『グラゴル・ミサ』

  東日本大震災 チャリティ公演 

3月11日の東日本大震災における、地震、津波によるあまりの被害の大きさに呆然とし、つづく余震と福島原発事故におびやかされる不安な日々。
日本は、1945年8月の広島、長崎への原爆投下についで、今回、2度目のヒバク国となりました。今回は、愚かにも自らの手によって。いま、人間の生きる力と叡智が試されています。

突然訪れたこの大きな悲しみのなか、今回、人間の生きる力と希望を求めて、小澤恵美子ソロダンス・ワーク、レオシュ・ヤナーチェク『グラゴル・ミサ』を上演いたします。
チェコのモラヴィア地方の民衆の音楽である「民謡」を採集するところからはじまった、ヤナーチェクの音楽。そして、人間への大いなる哀れみ、再生への畏怖、精神の勝利、ヤナーチェクが最晩年にたどりついた、信頼と希望に満ちた最高傑作「グラゴル・ミサ」ヤナーチェクの音楽との身体的対話を通じて、この悲劇のなか「新生」を見いだしてゆきます。

「それぞれの木から 沈黙が大地に落ちてくる」
レオシュ・ヤナーチェク

長崎への原爆投下の日である8月9日におくる、生存の危機のなか極限で踊る、小澤恵美子渾身の問題作。


日時:2011年8月9日(火)19時30分開演(19時開場)
   (梅津紀雄氏によるアフタートークあり)

会場:荻窪教会
   杉並区荻窪4-2-10
   03-3398-2104
   http://www.ogikubo-church.com/

入場無料 資料代 2,000円
※資料代のうち500円は、東日本大震災による、原発被害を含む震災被災者への支援金として送られます。

PHILIA PROJECT
 tel:090-6517-0809
 mail:philia_project@yahoo.co.jp
 http://www.cc9.ne.jp/~nihei-1817/

小沢恵美子 ホームページ
 http://www012.upp.so-net.ne.jp/emiko/

小澤グラゴル


参考リンク:
グラゴル・ミサについて(チェコ文化研究家 関根 日出男 会報Vol.5より)
グラゴール・ミサの古代スラヴ語について(発話旋律より)
ヤナーチェク、グラゴール・ミサについて語る~その1(発話旋律より)
ヤナーチェク、グラゴール・ミサについて語る~その2(発話旋律より)
ヤナーチェク、グラゴール・ミサについて語る~その3(発話旋律より)
関連記事
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト『グラゴル・ミサ』による小澤恵美子のソロ・ダンス(8/9)

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。