上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今世紀最大のオペラ作曲家ヤナーチェクが,モラヴィア民謡 やチェコ語の抑揚を研究した末に独自の個性を開花させた出世作,歌劇『イェヌーファ』は,ヤナーチェクの9つオペラの中でももっとも聴きやすく,充実した感動を与えるものといえるでしょう。

日本ヤナーチェク友の会は、ご好評をいただいていた既刊を全面的に見直し、増補改訂版を刊行したしました。このオペラの国内盤は既に廃盤となっているため,本書が 現在入手できる唯一の日本語対訳解説書です。 

ヤナーチェク 歌劇『イェヌーファ』 対訳と解説 
A5判ソフトカバー 178ページ 本体価格1500円(送料込み)


内容

(1) 歌劇『イェヌーファ』の成立と概要  佐川 吉男
  構想から作曲,そして初演まで 『イェヌーファ』の版と日本初演/とき,ところ,登場人物と主題/
  楽器編成/あらすじと聴きどころ・見どころ/譜例

(2) リブレット対訳  関根 日出男訳
 

(3) 歌劇『イェヌーファ』について ジョン・ティレル/日本ヤナーチェク友の会訳
  (作曲の経緯,作風,主題の構成,批評と解釈)

(4) 歌劇『イェヌーファ』の原作とウィーン初演について 関根 日出男

(5) 「巨人のような」(wie ein Riesenmensch) 翻訳 小田 謙爾
  ―ブロートによる『イェヌーファ』のドイツ語訳詞をめぐって―

【付録1】人名小事典
 

【付録2】ブルノのオペラ劇場
※今回増補部分  28ページ追加

ご注文について
下記の注文フォームをご利用願います。少部数出版のため一般の書店では流通しません。ネットおよび一部の書店のみの販売となりま す。

日本ヤナーチェク友の会 注文フォーム

必要事項をご記入の上、送信ください。ご注文内容を確認次第、発送いたします。代金支払いは品物に同封した郵便振替票により願います。
※振込み手数料はご負担願います。

なお、これま当会が刊行した出版物は次の通りです。

歌劇 『シャールカ・物語の始まり』
歌劇 『カーチャ・カバノヴァー』 対訳と解説
歌劇 『利口な女狐の物語』 対訳と解説
歌劇 『運命』 対訳と解説
歌劇 『死者の家から』 対訳と解説
歌劇 『マクロプロスの秘事』  対訳と解説
歌劇『 ブロウチェク氏の旅』 対訳と解説
歌劇『 シャールカ』『物語の始まり』 対訳と解説
レオシュ・ヤナーチェク 声楽曲 対訳全集
レオシュ・ヤナーチェク年譜(残部15部 1/8現在)
関連記事
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト歌劇『 イェヌーファ』対訳解説書を刊行しました。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。