上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HaasSQ
今、もっとも注目されているチェコ気鋭の弦楽四重奏団、パヴェル・ハース弦楽四重奏団が来日し、東京、名古屋、武蔵野にて公演いたします。

04年からプラハを拠点に活動するパヴェル・ハース弦楽四重奏団は、結成当初から世界各地の弦楽四重奏のマスタークラスに積極的に参加し、多くの著名な指導者からの指導を受け、03年のロンドン・ウィグモアホールでの出演で大成功を収め注目を集めました。04年にはフィレンツェの「Vittorio E.Rimbotti」賞を受賞。05年5月<プラハの春>音楽祭で優勝、続いて6月「パオロ・ボルチアーニ賞」国際弦楽四重奏コンクールで優勝し、世界の檜舞台に登場。以来世界の主要都市でコンサートを重ねています。


***

この団体に名前を冠されたパヴェル・ハース(1899~1944)は、ブルノ生まれ。ヤナーチェクに師事した才能豊かな作曲家でしたが、ユダヤ人であったためナチスの占領下でプラハ近郊のテレジーン収容所に送られました。

テレジーンは他の収容所への中継点でしたが、ナチスは対外的なプロパガンダのため、所内での文化活動を奨励し、多くのユダヤ人芸術家が集められていました。「総統はユダヤ人にこの町を贈られた」という宣伝映画が作成され、「パラダイス・ゲットー」と呼ばれ国際赤十字視察団が招かれて、戦時としては例のない芸術が開花しました。しかし、結局、彼もここに収容された多くのユダヤ人と同様、アウシュビッツに送られガス室で命を落としました。

今回、東京、名古屋で演奏される弦楽四重奏曲第3番は、ナチス進駐の前年に作曲されたもので日本初演となります。

参考リンク関根日出男著作集より):
 パヴェル・ハース弦楽四重奏団   Haasovo kvartetoについて
 テレジーン収容所の音楽
 ハースの生涯と作品(1)
 ハースの生涯と作品(2)

***

パヴェル・ハース弦楽四重奏団
ヴェロニカ・ヤルツコヴァ、エヴァ・カロヴァ (vn)/パヴェル・ニクル (va)/ペテル・ヤルシェク (vc)


■東京公演
http://www.toppanhall.com/concert/detail/200906301900.html
(1)公演日時:2009年6月30日(火) 19:00開演
(2)会 場:東京 トッパンホール
(3)曲 目:
 ヤナーチェク:弦楽四重奏曲 第1番 「クロイツェル・ソナタ」
 パヴェル・ハース:弦楽四重奏曲 第3番 Op.15(日本初演)
※当初発表の曲目から変更されました。
 ドヴォジャーク:弦楽四重奏曲 第13番 ト長調 Op.106
(4)料 金:
 全席指定: 5,000円 / 学生 2,500円
 トッパンホールクラブ会員特別価格 3,500円
 〈Pavel×ARCO 若手実力派クァルテットを聴く〉
 2公演セット券(2009年6/30、7/10): 9,000円 / ゴールド会員 7,000円
(5)お問い合わせ:
 トッパンホールチケットセンター 03-5840-2222
 (営業時間/10:00~18:00 日祝休 主催公演日は営業)

■名古屋公演
(1)公演日時:2009年7月1日(水) 18:45開演
(2)会 場:名古屋 宗次ホール
(3)曲 目:
 ヤナーチェク:弦楽四重奏曲 第1番 「クロイツェル・ソナタ」
 パヴェル・ハース:弦楽四重奏曲 第3番 Op.15(日本初演)
 ドヴォジャーク:弦楽四重奏曲 第13番 ト長調 Op.106
(4)料 金:
 全指定席一般¥4,500 友の会¥4,000 学生¥2,700
(5)お問い合わせ:宗次ホールチケットセンター 052-265-1718

■武蔵野公演
(1)公演日時:2009年7月3日 19:00開演
(2)会 場:武蔵野市民文化会館 小ホール
(3)曲 目:
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第4番
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第9番「ラズモフスキー第3番」
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番
(4)料 金:2000円(全席指定)
(5)お問合せ:武蔵野市民文化会館(0422-54-2011)
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。